はじめに

いまこのサイトを見ている方の多くは、交通事故に遭って間もなく、または、退院後のリハビリ等で通院を検討されている方になるかと思います。

このサイトでは、そんな交通事故後の通院を検討されている方に向けて、交通事故治療に関する情報と合わせて、全国の整形外科情報を提供してまいります。
 

交通事故で通院が必要なふたつの理由

交通事故後に通院が必要な理由には以下のふたつのケースがあります。
 

  • ◎退院後のリハビリが必要なケース
  • ◎慰謝料算定のために通院するケース

 
そして、一番多いケースは後者となります。

交通事故と言っても、ニュースに出てくるような大きな交通事故というのは稀で、多くは低速での追突事故などが多いでしょう。

その場合は、それほど後遺症に悩まされるケースは多くはないのですが、慰謝料の算定のために通院せざるをえないという事情があるのです。
 

慰謝料の算定基準

交通事故の慰謝料の算定基準には、「保険会社基準」「自賠責保険基準」「裁判所基準」の3つがありますが、ここではこの中の「自賠責保険基準」を例に見てみましょう。

車を購入する際には「自賠責保険」への加入が義務付けられていますが、「自賠責保険基準」の算定基準は、この自賠責保険に対し、人身傷害に基づく慰謝料を請求する場合の基準となります。

そして「自賠責保険基準」の慰謝料の算定方法は以下です。
 

自賠責保険の慰謝料=(実通院日数×2)または(通院期間)のどちらか短い方に4,200円をかけた金額

 

つまり、しっかりと通院しないと慰謝料をもらえないことになります。

そのため、予後がよくそれほど通院の必要性を感じなくても、慰謝料を貰うために通院せざるをえないといった状況になるわけです。

貰えるものは貰っておいた方がいいですよね。
 

賢い整形外科の選び方

交通事故治療は主に整形外科で行う場合が多いようです。

そして、この整形外科の選び方は、リハビリを目的とするか、自賠責保険の慰謝料を目的とするかによって大きく変わってきます。

リハビリの場合には、やはりリハビリに定評のあるような整形外科を選ぶ必要があります。

一方で、自賠責保険の慰謝料を目的とし、体の状態が悪くない場合には、できるだけ通院に負担の少ない整形外科を選ぶべきでしょう。
 

  • ◎土日祝日に営業している
  • ◎夜遅くまで営業している
  • ◎待ち時間が短い

 

慰謝料目的の場合に、平日仕事を休んで通院したり、病院で長い時間待つというのはできるだけ避けたいですよね。
 

実は通院は整骨院が楽?

また、交通事故治療は何も整形外科だけでしかできないわけではありません。

整骨院でもリハビリはできますし、自賠責保険の慰謝料算定の通院にしっかりと含まれます。

整骨院は近所に必ずありますし、よほど人気の整骨院でない限りは整形外科と比べてそれほど待ち時間が長いこともなりません。

個人で経営しているところも多いため、時間にもある程度融通がきく場合も多いでしょう。

自賠責保険の慰謝料目的の通院が主な場合には、整骨院に通院するというのも有効な選択肢です。


 

運営者情報

名称 事故通院ドットコム
営業所 東京都豊島区西池袋5-2-14 有山ビル5階
連絡先 info@事故通院.com